TOP > 中文 > Asai Master > 浅井哲彦の逝去

Mr.K.FUNAKOSHIによる浅井首席師範を偲ぶ追悼コメント

私は1964年に先生がハワイへ来て1969年にお帰りになる迄5年間先生に空手を教わりました。ハワイで一緒にいろいろなところへ、演舞に行ったり、いろいろな国へ空手のトレーニングや指導に行ったりとか、多くの事を一緒に過ごしました。人前で私の事を弟だと云われたのがとても喜ばしかったです。
奥さんと三人でカリフォルニアの空手大会やワシントンへ旅行した事も楽しい思い出です。空手の大会がある時は、トレーニングの時間外でも、ずっと長く一生懸命練習しました。
とても長い時間(40年)が経ちましたが、幸いにしてたくさんの写真があり、その事を語ることができます。
1984年に先生を訪ねて、日本へ行った時は、ホテルへ泊まるつもりでしたが先生の家に泊まるように云われたので、2週間滞在し、毎朝早く6時に先生とトレーニングをしました。そして本部道場へ指導員稽古のトレーニングにも参加しました。
奥さんは毎日朝食とディナーを作ってくれたのをよく覚えています。先生の思い出は良い思い出ばかりです。

先生は型や組手のチャンピオンやマスターということばかりでなく、一番大事なのは人間性であり、良い人格の持ち主で、心技両方のレベルを持っています。
そして、とてもユニークで、とても早いテクニックのハイレベル空手の技をお持ちの方です。
人前で弟子をどなったり、なぐったりする先生が多くいますが浅井先生は一度も声を荒げた事はなく、人をしかった事もなく常に優しく熱心に教えてくれます。
全てを細かく説明し、丁寧に教えてくれます。また実際にその技を見せることができるのです。
空手の先生はその技を見せて、弟子達にその真似をさせる必要があります。多くの先生は、それができないのです。
浅井先生から私は人間性に関しての多くを、それと空手精神を学びました。
多くの人はチャンピオンになる事ばかりを目指していますが、それは空手の一部である事に気付いていません。
浅井先生がハワイを離れる時、私が空手大会に於いて、チャンピオンなどを獲得した実績もあってか、私をハワイのチーフインストラクターに任命しました。それで私は仕事をやめて空手の先生になり、一生懸命教えました。
その後、カリフォルニアに引っ越した弟子に呼ばれて、其方へ空手セミナーを開き、それからいろんな人から声がかかってポーランド、イングランド、ロシア、ラスベガスとだんだん私の組織が大きくなって今年は英国で大会を開き、近いうちに南アフリカで大会を開きます。私が成功しているのは浅井先生のもとでトレーニングをし、多くの事を学び、高いテクニックを教わったからです。
私は浅井先生の元で5年間教わった事を誇りに思います。

今、私はこの年になって、各地域を回って、忙しくても空手を教えているのが、とてもハッピーです。妻も空手に係わってくれ、2人の息子もチャンピオンになって今は私のベストインストラクターです。
また幸いにも、私の父は空手の創始者 船越義珍先生の三代目の従兄弟であり、私は四代目になりますので、私は松涛館流の空手を教えています。
そして浅井先生の思い出がいっぱいあります。私は弟子達によくmy先生のことを話します。例えばある日私達が演舞をしに行った時、先生はフローアからキックをしなければならないのに、相手が攻撃した時に、何か足を動かしました。私達には何が起こったのか解らなくて先生に聞いたら最初のキックをミスしたので、次の蹴りをだしたとの事、私達には何が起こったかさっぱり解りませんでした。先生のキックがあまりにも速かったからです。

その後、私達はステージからおりて、浅井先生が身体を前に倒して(あぐらをかいて)座って話している時、私が先生の後から肩を掴んで「先生どうします?あなたはもう動けませんよ。私が後からアタックしました」といった途端、先生は前蹴りで(膝を伸ばしたまま)僕の頭をキックしたのです。誰もそんな事できませんよ。前かがみで座っていたのに後の人の顔に前から蹴りをいれるなんて、でも先生はやったのです。
私達には先生のストーリーがいっぱいあります。
浅井先生に会う前に金沢先生から、日本にとても速い技を持っている人がいると聞きました。組手をしている時、姿が消えて、何時の間にか後ろから突きを決めていると金沢先生は何時も浅井先生の話をしてました。
空手の大会にて、中山先生が審判をしていた時、浅井先生が相手の前蹴りの下をくぐって後ろに消えたので中山先生は何が何だか解らなかったが、浅井先生が相手の後脇腹に突きを決めたので「一本」技を下し、先生は優勝したのです。
勿論先生の空中に跳び上がったりとか、空中で横蹴りとかたくさんのハイテクニックの話がいっぱいあり、空手界の人達はみんな浅井先生のそんな話を聞くのが大好きです。
先生の様にあんな高等テクニックを使える先生はいないです。それでハワイには先生について来る生徒がたくさんいます。
先生は空手の動きだけでなく、特にその高等テクニック、瞬間の技などのタイミング、ムーブメントなど正確に完璧に演舞をしてました。
私は先生から体捌き、テクニックをいっぱい習いました。その様な高度の才能を持つ人に5年間も教わってとてもラッキーで誇りに思います。

Mr.K.FUNAKOSHI