TOP > 浅井哲彦とは

中山正敏先生との思い出

学生時代

「飲水思源」(水を飲む際に、その源を思え)
(こんにちの自分があるのは誰のおかげかを思え)という言葉があります。
今、松濤流空手を学ぶ人は、中山正敏先生なくしては語れません。

中山先生は、夫浅井が大学生の時から良く空手の稽古をつけて下さいました。

稽古をつけて下さっている中山先生(中央)、右 浅井哲彦、
左 不明

故浅井哲彦が、船越義珍先生より昇段審査を受けている
貴重な写真。道衣を着て座っている一番左の中山先生が心配そうに見守って下さっています。

ハワイで

世界中の松濤流空手を練習している人は、故中山先生なくしては語れません。
浅井と私が結婚した時、二人ともまだ20代でした。中山先生は夫をとても可愛がってくださいました。
そして私にも大変優しくしてくださり、若い頃中国に居たので、中国語を話したい先生は、よく私ときれいな北京語で話し会い、中国の有名な歌も一緒に唄ったりしました。
それに中国料理が大好きで、東京の私達が住むアパートで、空手指導員達との飲み会があると、私の中華手料理を楽しみにご参加くださいました。

以下の写真は、夫が、ハワイへ空手の指導に来ていた時、ハワイで開催された、空手大会の為に中山先生がいらっしゃいました。その歓迎パーティー、其の他の写真です。

何時もの飲み会は、多人数の手料理や其の他諸々、私一人での仕事でしたが、此の時は、どなたかの奥さんが一人、手助けしてくれたので、とても助かりました。
此の時、私の中華手料理は中山先生だけに作りましたのでとても楽でした。

ハワイの観光御案内

ハワイの観光御案内


ハワイ道場の幹部会員達とホノルル飛行場へお見送り

中山正敏先生と、浅井哲彦



中国武術書の収集

中山先生は、若い時中国にいらしたことがあって
中国の武術に興味を持っておられた様です、
お亡くなりになる前私に、中國武術の本を集める様に
依頼されましたので、私は、台湾、中国、香港などからこれと思われる武術の本を収集して、
中山先生にほとんど毎月の様に郵送や手渡しをして来ました、
今思うと、その事が、とても懐かしいです。